The Mmm. Times

オンライン語学総合アカデミー

英語や外国人と接することへの苦手意識はどうしたら解消できる?

外国人観光客が多い今日、外国人に話しかけられた、というお話をよく聞くようになりました。そんな時、皆さんはどうしますか?
先日、英会話の生徒さん(男性)からこんなお話を聞きました。

実はここ数週間で2回も外国人の方に道を聞かれました。今いるところから目的地までの行き方を説明するのが難しかったので、
Let’s go together!
と言って一緒に目的地まで行きました。
それで途中沈黙もなんなので、できる限りの質問をしてみました。
Where are you from? (どちらから来られたんですか?)
How long do you stay? (どのくらい滞在しますか?)
きちんと言えたかわかりませんが、とりあえず会話にはなってました。ただ、最後に教えてもらったあのフレーズが思い出せなくて、
Bye!で終わっちゃいました(笑)

数週間の間に2回も話しかられるのはすごい確率ですね!
また、こんなこともおっしゃっていました。

以前は、話しかけられてもそのまま首を振って逃げてたんですが、
英語を習い始めて今回は
観光客:Do you speak English?
生徒さん:Ah, Yes!
と元気よく答えたことができたそうで以前と自分とは変わったなあと感じました。

この生徒さんは、英語を話すことと外国人と接することへの抵抗があまりなくなったんだと思います。
恐らく、英会話レッスンで外国人講師と接したり、スパルタコースでリスニングやLINE電話での会話トレーニングをされていたので、次第に英語への苦手感、抵抗が薄れていったのだのでしょう。
私たち日本人はなんとなく、外国人と接したり、英語を話すこと自体に抵抗を感じてしまう傾向が強いと感じます。
こんなに英語を勉強をしてるのに話せない!
というのは、話せないのではなく、英語の勉強だけをしているからかもしれません。面白いことに、生徒さんからよく聞くのは、実際英語を話さなければいけない状態になった時、なんとか切り抜けられたということです。何を言ったのかはほとんど覚えていないけど何とかなった、ということ。
この追い詰められる状態、強制的に話さざるを得ない状況を何度も経験すると、英語でコミュニケーションをとることへの苦手意識や抵抗が薄れていき、
きちんと話す → 伝えたいことを言えばいい
というマインドに変わっていきます。
 
たくさん単語を覚えたり、難易度の高い文法(前置詞や冠詞等)を勉強するよりも、
挨拶~世間話~閉めの挨拶
ができるようにトレーニングし、実践していく方が、話せる感覚がわかり、自信につながります。
 
でもどこで実践したらいいの?外国人と接する機会もあまりないし。。。
 
そんな場合は、外国人の多い国内観光地に行ったり、海外旅行(ツアーではなくフリータイム多めにして)、プチ留学、国際交流イベントに参加等探してみれば色々とあります。
いやそもそも海外にそんなに興味がない、という場合は強制的に英語を話さなければいけないような英語コースを受けることもありでしょう。
英語を習っただけで使える気にさせない。
使って実感して、また使う。
英語への苦手意識はこうやってなくなり、次第に使うことだけに意識が行くようになります。
英語への苦手意識があるな、という方は今から、「伝えたいことを自分なりに言えばいい」マインドへシフトすべく、英語を使ってみましょう!
 
強制的に話す環境が欲しい!
という方は、スパルタコースがおススメです。

https://mmm-intr-grp.com/course/sparta/

English is just a tool. Use it and polish it by using!