IELTS攻略ガイド
ヘッダ画像

IELTS対策コース

IELTS(アイエルツ)とは、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほぼ全ての高等教育機関で認められており、アメリカでも TOEFLに代わる試験として入学審査の際に採用されています。必要なスコア目安:大学5.5~6.5、大学院6.5~7.5。

IELTSは、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つで構成されており、所要時間は約2時間45分。 リスニング、リーディング、ライティングの筆記試験は同日に実施され、スピーキングテストはIELTSの世界的な規定により、筆記試験の前後6日以内に行われます。通常、東京・大阪の試験では、筆記試験の翌日に実施されます。

IELTSに関する詳しい情報は下記ホームページから。

https://www.eiken.or.jp/ielts/
http://www.eiken.or.jp/ielts/test/pdf/info_for_candidates_japanese.pdf

スコア

テスト結果は1.0~9.0のバンドスコアで示されます。

リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各パートごとの英語力がバンドスコアで示される他に、総合評価としてオーバーオール・バンド・スコアが与えられます。

  

必要なスコア目安

   大学:5.5~6.5
   大学院6.5~7.5

(スコア例)

リスニングリーディングライティングスピーキングOverall
BAND 6.0BAND 5.0BAND 5.0BAND 6.0BAND 5.5

IELTSとTOEFLとの違い

一般的にIELTSはイギリス、オーストラリア、ニュージーランドの、TOEFLはアメリカ、カナダ大学、大学院入学試験の一つとして、採用されています。

この二つのテストは、形式が大きく違う点がいくつかあります。

●テスト形式が違う

 TOEFL:コンピューターを使い、おもに選択問題
 IELTS:筆記試験

 ※スペルミスがないように気をつけつる必要がありますが、コンピューターを使ったテストに慣れていない方にはTOEFLより受けやすいテスト。

●試験時間の違い

 TOEFL:4~4.5時間
 IELTS:2.45時間

●リーディングの長さ

 TOEFL:700語程度
 IELTS:900語程度

 ※パッセージが長い分、読解力やスキルがないと時間が足りなくなることもあります。

●リスニングの違い

 TOEFL:すべて北米英語
 IELTS:イギリス英語が多め

TOEFL、IELTS どっちがスコア取りやすい?

入学先の国や学校の条件にもよりますが、どちらも受け付けている学校であれば、北米ならTOEFL、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドならIELTSがおススメ。

ですが、それぞれ形式が大きく異なるので、向き不向きもあります。

●TOEFLに向いている方

・コンピューターに使い慣れている。(長時間スクリーンが見ることがOKか?操作は得意か?)
・タイピングが早い。
・アメリカ英語に聴き慣れている。(日本の英語教材はアメリカ英語が多い)

●IELTSに向いている方

・筆記が苦にならない。(試験はすべて手書き)
・人と実際に話す方がやりやすい。(面接試験がある)
・コンピューターが苦手。
・イギリス英語に聴き慣れている。(住んだことがある等)

コース紹介(名古屋駅・一宮駅の英会話・中国語レッスン「エムエムエム」)

英会話・中国語レッスンについてお気軽にお問い合わせください
電話でのお問い合わせ名古屋校:052-561-6588
電話でのお問い合わせ一宮本校:0586-28-3627
メールでのお問い合わせ
無料体験レッスンのお申し込み

無料体験レッスン・お問合せはこちら



TOEIC攻略ガイド

TOEFL攻略ガイド

法人向けプラン(講師派遣サービス)

英語力チェック

オンラインTOEIC学習

mmm.China

エムエムエム講師ブログ

エムエムエム facebookページはこちら

アフリカ支援のNPO団体ASSIC


登録・解除はこちらから
メールアドレスを入力してお申込みください。


>> メルマガについて詳しくはこちらから

エムエムエムインターナショナルグループ
【名古屋校】
名古屋市中村区名駅3-13-28
名駅セブンスタービル8F
【一宮校】
愛知県一宮市栄1-6-9
田中ビル3F
※営業日:月~土(日・祝は休)
※10:00~22:00
[TEL]0586-28-3627
[FAX]0586-28-3638
PAGE TOP